歌人が考える歌集批評会

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

今回は、歌集批評会について。

2016年7月23日に「オーロラ・タルト・タタン批評会」を開催しました。

『オーロラのお針子』と『タルト・タタンと炭酸水』の合同批評会です。

これまで参加者と運営と著者と全部やってみて、ばばっと振り返りたいと思います。

もちろん、あくまで私の感じたことです。

 

どうしてやろうと思ったの?

ご縁です。(関わってくださったみなさま、本当にありがとうございました)

オーロラは2014年9月刊行で、批評会開催が2016年7月。ちゃんと調べたわけではありませんが、だいたいの歌集批評会が刊行して1年前後に開催のイメージなので、おそらく遅い方だと思います。この期間中「批評会を開催する意味とは何か」を漠然と考え続けていました。

 

批評会を開催する意味とは何か?

 人手も時間もお金もかかる、しかも理由は自分の歌集のため。どう考えても申し訳ない、というのが頭にありました。それに「批評会は行うもの」という慣例? に対する抵抗も少なからずあったと思います。しかしこれは主催者目線の話です。

一方、批評会に参加することは好きでした。ただきいているだけなのに、次第に頭が沸騰するような感覚がある。そんな視点があったのか、という気付きの連続。そうか。では、おこがましいかもしれないけど、自分が作者だということは置いといて、参加者として参加したいイベントにしようと思いました。

 あとは、それこそ「ご縁」によるところが大きいです。答えになっていないかもしれませんが、「これもご縁かな」というのが「やります」と言った理由です。

 その頃読んでいた冠婚葬祭の本で、「自分の人生では自分の一大イベントの、自分の出産にも自分の葬式にも立ち会えない。自分が自分のイベントに関われるのは主体的に生きている間だけ」のようなことが書いてあって、背中を押されました。

 

やってみてどうだったの?

感情面では、批評会、懇親会が終わった当日は家に帰ってボロ泣きでした。その時は関わってくれた方々に対して、もっとうまく会を回せたはず、という気持ちでいっぱいでした。翌日は「もう短歌つくれないかもなー…」とひと並みに落ち込み、ずっと家にいました。でも、それだけです。3日後には気を取り直して短歌をつくって、関わってくれた方々にはこころから感謝していました。今もしています。

 

次回は、運営について。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

第1歌集です。2年間で2000首書きました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』トリビュート同人誌です。

文学フリマで3分に1冊売れたかも。限定版は完売、通常版のみです。

連作を寄稿しています。歌集刊行前。

手紙魔まみ、わたしたちの引越し

手紙魔まみ、わたしたちの引越し

 

歌集刊行後、101首、一挙掲載。

当時のできることをやりきりました。反響が大きかったです。

飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号 えっ、詩? いや、短歌! それとも俳句?)

飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号  えっ、詩? いや、短歌!  それとも俳句?)

 

批評会後に寄稿した連作です。

ご指摘いただいたことを自分なりに考えた、忘れがたい夏の一連です。

ココア共和国vol.20 季刊ココア共和国

ココア共和国vol.20 季刊ココア共和国

かばん2017年7月号

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

かばん2017年7月号が、届きました。

かばん2017年7月号

多くの方々のご協力をいただき、無事刊行となりました。ありがとうございます。

 

今年度は編集人をやらせてもらっていて、初の特集号です。感慨深いです。 

かばんの編集部(編集人、副編集人)は基本的に毎年交代なので、毎年、新人です。

私も編集人は初めてです。本当に、すごいシステムだと思います。

 

たまに、本当にかばん編集部が場所として実在していたら、と考えます。

編集人・副編集人は毎年交代だから、机は比較的綺麗なんだろうなとか、各係さんで長く携わっている方は個性的な机に仕上がっているのかなとか、歌会と同じようにどこからともなくお菓子がやってくるのかなとか、誰か犬の散歩してそうとか、そんなことを考えます。

 

私は誰かと一緒に何かする、ことが嫌いではありません。

今まで企画も幹事もしてきましたし、運営は運営なりの楽しみがあります。

ただ、今までの企画は最長で準備期間を含めて半年間だったので、

一年間、月刊、というのは、走る速度が違うんだなと感じます。

私の目標は、毎月編集部をやりながら、毎月本誌に8首提出することです。

残り8冊です。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首書きました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

歌人が考える歌集読書会 運営編

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

読書会の運営について。

そもそも、読書会の目的とは何でしょうか。

 

私の最低ラインは、幹事も含めて参加者全員が、

ふんわり「ああ、参加して良かったなあ」と思えることです。

 

幹事が「あれだけ苦労したのに…」と思っているのは本末転倒ですし、

参加者が「全部任せっぱなしで悪いなあ…」と気後れすることはありません。

 

では、どうしたら良いのか…と考えた結果、

単純に、幹事と参加者の役割を分散させたらいいのかな、と思いました。

 

(事前準備)

幹事のすること

・歌集と日時を決めて場所を押さえる。告知する。

・参加者にやって欲しいこと(各自でレジュメをつくり、当日は人数分印刷して自分で持参してもらう旨など)を伝える。

・上記2点を含めた告知を一度だけ流す。リマインドはしない。

・定員に達したら知らせる。

 

参加者のすること

・参加希望のメールを提出する。

・当日までにレジュメをつくり、人数分印刷してくる。

 

最悪、幹事がいなくても会が回る状況にしておけば、幹事が楽なんですよね。

人間ですから、体調不良など、予測できないことは多々あります。

それは仕方ありません。

読書会はあくまで趣味なので、気負わない範囲がいいですよ。

 

レジュメの内容は、5首選や10首選、レポートなど、幹事の思い描く雰囲気に合わせて指定しましょう。

もちろん口頭発表だけでもだめなわけではないですが、

歌集について語るとき、歌を引用しながら話すと思います。

その度にページをめくるのは地味に手間です。

なので、あらかじめレジュメに、活字にしてしまいましょう。

こうやってどんどん楽をしていきましょう。

 

あとは、遊び(ドレスコードなど)があるとなんとなく会が面白くなります。

私は遊びの部分が好きなので、かなり真剣に考えます。 

 

(当日)

幹事のすること

・司会とタイムキーパー

 15人前後で3時間くらい、半分で1回休憩を入れる

→休憩を入れると空気がふわっとする気がします。

・会計

→小銭のやりとりが手間だとしたら一律1000円など方法はあります。

 自分がやりたくてやっていることなので多少は持ち出しするとか、

 もしくは多くいただいてしまったらコンビニ募金とか、次回にまわすとか。

 学割を考えるのもいいですね。やりやすい方法を模索しましょう。

 

参加者のすること

・レジュメの発表

→レジュメにざっと目を通して、難しい漢字があったら、

幹事からさくっと本人に聞きましょう。

誰かが読めない漢字はだいたいのひとが読めません。

なければないに越した事はないですが、誤字脱字は「誤字ですねー!」とばっさり言いましょう。

ばっさり言われた方がすっきりする気がします。これは私だけかもしれませんが…

・運営への協力

→遅刻しない、飲み物をさっさと決める、タイムキープに準ずる、など。

 きもちのよい対応をこころがけましょう。幹事がよろこびます。

 きれいに終わると、お店の方もにっこりしてくださるかもしれません。

 

…ということをさんざん書いておいてあれですが、

読書会後の帰り道、ひとりになって、

改めてレジュメを読み返したり、歌集をめくるひとときが、私は好きです。

読書をするとき、私もあなたもひとりですね。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首つくりました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

 

 

 

 

 

歌人が考える歌集読書会

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

先日、歌集読書会の幹事をしました。

 

■歌集読書会って何をするの?

ざっくりいうと、

取り上げる歌集を一冊決め、互いに歌集について語り合う会、だと思っています。

 

私が幹事をした会は

・著者が参加する

・参加者は短歌の実作経験がある

というかたちでした。

 

■なぜ歌集読書会をするの?

自分が第一歌集を出版した後、

有り難いことに、少なからず反響をいただきました。

喜んでくれた方、感想を送ってくれた方、歌会でお声がけいただいた方。

でもそれは、「本が出るなんてすごい!」という出版自体に対する反応もありました。

 

本が出て、買ってくれたのはもちろん嬉しいけど、

じゃあ、読んでくれた方は何を思ったのか、気になりました。

別に「つまらない」でもいいんです。

もっと歌の上手いひとはたくさんいるし、もっと素敵な歌集はたくさんあります。

でも、私なりに、つくりました。

「読んでみて、どう?」「本当に全部読んでくれたの?」とは思っていました。

 

そんな折、知人が私の歌集の読書会をひらいてくれました。

喫茶店で、ぽつぽつと数人のお話を伺っていると、好きな歌をあげてくれました。

 その中には、

「私自身がめちゃくちゃ気に入っている歌」がある一方で、

「歌集に入れようかどうかすら迷った歌」もありました。

 びっくりしましたし、私にとっても大変勉強になりました。

帰り道「あ、読書会って面白いかも」とわくわくしたことが原体験となっています。

 

「著者にとって勉強になる」「ひとの読み方がわかる」「何倍も楽しめる」

という感動が心にあって、企画している気がします。

 

次回は、歌集読書会の運営について。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首つくりました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

 

 

 

歌人が考えるネットプリント 利用実績編

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

お待たせしました。ネットプリントの利用実績について。

※前回の記事はこちら↓

reimif.hatenablog.com

 

 

まず、登録したファイルはどうなっているのでしょう。

配信期間終了後の5月13日に確認します。

 

f:id:reimif:20170519223515p:plain

 

自動的に削除されていました。便利ですね。

 

さて、利用実績ですが…

f:id:reimif:20170519223639p:plain

 

6回分出力されていました。合計金額360円です。

私には1円も入りませんが、何らかの経済効果になっていることを願います。

特に5/12 23:59の方はすごいですね。偶然でしょうか。。

 

もちろん私には、どなたが出力したのかは分かりません。

0回かと思っていたので、6回は予想外でした。

 

でもネットプリントって、別に律儀に個人で出力することはなく、

誰かが一回払えば、それをその場でカラーコピーするなり、

家のプリンターでカラーコピーするのは簡単なんですよね。

なので実際の数字は分かりません。

それはそれで良いと思います。

  

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首つくりました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

歌人が考えるネットプリント

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

■2016年自薦30首を公開

5月5日にtwitterで2016年自薦30首を公開しました。

 

■なぜ公開したの?

元々はtwitterに書いた通りの経緯です。

一般公開をしたのは、ゴールデンウィークで時間があったし、

そもそもフリーペーパーだったので、web公開しようがネットプリントでやろうが、変わらないからです。

渋谷の路上で配布させてもらったのはいい思い出です。

 

■なぜネットプリントとWEB公開にしたの?

ネットプリントとは何か?という方は、検索してみてくださいね。

 

これまでネットプリントに誘ってもらったことや、投稿したことはあったのですが、

自分で発行しようとは思いませんでした。発行したのは初めてです。

 

ネットプリントはコピー機で印刷する際に、コピー代がかかります。

それは本当にコピー代だけで、著者に印税は発生しないはずです。

お金はコピー機が吸い込むだけです。

 

ちゃんと調べたわけではないのであくまで印象ですが、

短歌のネットプリントはたくさんあるけど、

なぜwebで公開ではいけないのか、

なぜ用事もないのにわざわざコンビニに行かなくてはいけないのか

ずっと疑問でした。

 

 制作者側が、「自分には一切お金が入らないけど、絶対に紙で読んで欲しい」のでしょうか。

うーん、なぜだろう。。

私は、紙になることで著者にお金が入るなら歓迎します。

でも、「著者にお金が入らないなら、中身は気になるけど、仕事帰りに疲れて(もしくはせっかくの休日なのに)わざわざコンビニに行くのも面倒くさいからプリントしない」を選んでしまいます。

 

たいていの短歌のネットプリントの中身は気になるんです。

でも通りすがりのひとにも、コンビニの店員さんにも、会いたくない日があるんです。

これは私のわがままだと思います。

 

そんな考えもあったので、自分がやるときはwebと紙が選べるようにしました。 

 

長くなりましたので、ここで終わります。

次は利用実績について。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首つくりました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラ・タルト・タタン批評会

「オーロラ・タルト・タタン」批評会を行います。

 

↓最寄り駅からの地図はこちらです。

f:id:reimif:20160526222904j:plain

東京メトロ早稲田駅の2番出口を出ます。

→出口左手に、次の信号まで直進。

途中左側に、ファミマ、サブウェイ、マクドナルド、みずほ銀行ドトール、てんや、があります。

※3aもしくは3bから出た場合は、出てすぐの交差点でサブウェイを探して、

サブウェイの側に渡ってください。そこからマクドナルド方面に次の信号まで進み、以下は一緒です。

馬場下町交差点まで来たら、左折。

銀のあんというたい焼きやのところを、交差点を渡らず左折です。

→しばらく道なりにいくと、左手に戸山キャンパスの校門があるので入ります。

→校門を入って正面のスロープを登ります。

→スロープが終わってもさらに直進。

(スロープが終わったあたりが31号館ですが、そこをくぐってさらに直進)

→中庭をそのまま突っ切ります。

→33号館をくぐってさらに直進。

→突き当たりが34号館です。会場は1階の151教室です。

 

申込先 https://goo.gl/qqGo9r

ぜひ、いらしてください!