歌人が考える歌集批評会 その3

こんにちは。第2歌集『メゾン花』を出版するまでの日記です。

 

今回は、批評会の告知について。告知に関しては本当にド素人で……。今でも素人であることに変わりはないんですが、今だったらやり方がいくつか思いつく、反省の多いパートです。そして、ここから関わってもらうひとたちが増えていきます。周りに恵まれていたおかげで、成功できたイベントなのです。

 

告知にあたっては、

・案内状

Twitter

・フライヤー

メーリングリスト

をもちいてお知らせしました。Twitterは著者アカウント、参加申込みフォームはgoogleメールフォームです。より広く一般的なツールが良いと思います。

 

Twitter 当時のツイートを引用します。こんな感じでした。

 

 

Twitterに関してはなるべく1ツイートにまとめることを重視しました。もうね、Twitterに関しては、楽しんでやれば良かったなー、ということを反省しています。 頭のなかを準備にとられて、楽しむ余裕がありませんでした。ほんと文体に表れている!!もっともっとわくわく出来たし、そのために工夫できたし、、という後悔があります。次に生かします!

この時期、同時並行で当日のランチミーティングと懇親会に使わせてもらうお店の検討を進めていった気がします。

 

■フライヤー

フライヤーデザインは、東かほりさんにお願いしました。とてもかわいらしく、分かりやすく仕上げてくださいました!イラストは歌人・作家の東直子さん。2冊の歌集の監修者でもあり、終始親身になってくださいました……。感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

f:id:reimif:20171210143356j:plain

f:id:reimif:20171210143434j:plain

 

■申込みフォーム

画面はこんな感じです。

f:id:reimif:20171210143803p:plain

申込みフォームに関しては、「特設サイトなどを設けないのであればこのページですべての情報を集約させた方が良い」というアドバイスをいただいていました。本当にその通りだと思います。とにかくここをクリックすればOK、というシンプルさは大切ですよね。

申込みフォームは、web担当の方をひとり立ててお願いしました。メールフォームでありがちなのが「送信したつもり」です。これをふせぐために、申込み後、受付確認のメールを手動で返信してもらいました。とても大変だったと思います……。本当にありがとうございました。

 

*****

メモ あなたに来てほしいを伝えるために

会場のキャパが約140席、目標は100名でした。

当日はおかげさまで100名以上の方々にご参加いただけたのですが、最初の告知の段階で、申込み数は20名。ここまで準備してきて、いざ当日……となったらどうしよう。焦りは日に日に増しました。スタッフの方々と話していてふっと出たのは「告知が自分に向けられていると思っていないんじゃないか」。そして「行けるか行けないかはともかくとして、誘われたらうれしい」。ああ、そうだなあと思いました。「もし直接誘われたら行くかも」「メールもらったら考えるよね」と、ぽつぽつと話していて、まだ申し込まれていない方を対象に、個別にお声がけもさせてもらいました。もちろんいらしてくださったらどなたでもうれしいのですが、参加する感情のグラデーション「絶対に行く誘われたら行くどちらでも良い」を、気付かせてもらってありがたかったです。

 *****

 

■前日のTwitterのアナウンス 道案内あります

あー、この道順、すばらしいですよね……。歌人仲間で遊んでいたときに、この道順を書いてくれた方が、後から参加するひとに電話で道順を説明していて、それが車のナビレベルで分かりやすくて、「すごい!!」と思ってお願いしました。道案内係は、念のためお願いしました。当日は10名くらいの方々を誘導してくださったようです。

 

さまざまな方々にご協力をいただきながら進行していきました。本番までもう少し!

!最後にお知らせです!

f:id:reimif:20171214210526j:plain

『短歌タイムカプセル』東直子佐藤弓生・千葉聡 編著 書肆侃侃房

初、アンソロジー参加! とってもうれしいです。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、本屋さんで。

 

 

 

第1歌集です。2年間で2000首書きました。

厳選した一部が収録されています。

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

オーロラのお針子 (新鋭短歌シリーズ13)

 

『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』トリビュート同人誌です。

文学フリマで3分に1冊売れたかも。限定版は完売、通常版のみです。

連作を寄稿しています。歌集刊行前。

手紙魔まみ、わたしたちの引越し

手紙魔まみ、わたしたちの引越し

 

歌集刊行後、101首、一挙掲載。

当時のできることをやりきりました。反響が大きかったです。

飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号 えっ、詩? いや、短歌! それとも俳句?)

飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号  えっ、詩? いや、短歌!  それとも俳句?)

 

批評会後に寄稿した連作です。

ご指摘いただいたことを自分なりに考えた、忘れがたい夏の一連です。

ココア共和国vol.20 季刊ココア共和国

ココア共和国vol.20 季刊ココア共和国